催し

[終了]藁細工から作る納豆作りワークショップ

木を切り出すところからの家作りと炭焼き、米や麦、養鶏、「今昔農法」と銘打った独自の複合農業を行ういすみ市在住のR工房さんを講師に納豆作りワークショップ開催です!

 

大豆を納豆にする納豆菌が稲わらについているって知っていますか?

納豆は醤油、味噌とともに、日本食に欠かせない発酵食品のひとつ。

 

なのに、市販されている納豆はどこの国の豆かもわからず、

日本の家庭の味が工場製品として、パックでしか手に入らない異常事態。

 

お米の副産物として、昔から日本人は上手に「藁」を加工してきました。

わら細工の技術を子供達に伝えるために、

日本の発酵食品の本当の味を知ってもらうために、

自分で作ろう!藁細工からの納豆作り、是非ご参加下さい。

 

 

 

 

・日程 2月23日(日) 12301600

・送迎 外房線 長者町駅 12時14分

(東京からのアクセス例

東京駅11:00(わかしお7号安房鴨川行)→12:04上総一ノ宮駅(外房線安房鴨川行)→12:14長者町駅)

※お車の方はブラウンズフィールド駐車場をご利用下さい。

※小さなお子様連れの方などは慈慈の邸に駐車スペースがありますので、ご相談下さい。
・場所 慈慈の邸
・参加費 大人2500円 子供500円(小学4年生以上)軽食、お土産付

※小学3年生未満無料

※材料費込み、作った納豆(約100g)はお土産としてお持ち帰りいただけます。

軽食付(納豆試食、神丹穂米のお茶漬け、R工房特製トッピング)
・募集人数 10
・持ってくるもの:バスタオル、ホッカイロ(当日冷やさない様に)

 

<スケジュール>

1230慈慈の邸集合

1245試食

1330わら細工&納豆ワークショップ

1530片付け、シェアリング

1600終了予定

 

■講師:R工房 佐野洋夫

 

R工房

木を切り出すところからの家作りと、炭焼き、そして、肥料作りからはじまる今昔農法と銘打った、米、麦、豆、野菜、果実、養鶏等の複合農業を行い、自給自足的生活を実践中です。





催し一覧へ