催し

[終了]エバレット&デコの半断食デトックスプログラム+岡部賢二先生講演あり

 

なかなか一人では実践しにくい、断食プログラムをエバレット・ブラウンと中島デコが長年の経験を集約し、皆さんの身体と心のデトックスをお手伝い。

半断食をしながら素足で海岸を散歩したり、クリスタルボールヒーリング、マクロビオティックの料理を丁寧に作ってゆっくり食べたり・・・

玄米を一口200回噛んでいただく7合食は「お米のおいしさを再確認」、「食べることのありがたさ」を実感。身体を一度空にして、新しく良い物を入れてリセット&リフレッシュするまたとないチャンスです!どうぞ、この夏の2泊3日を自然に囲まれた慈慈の邸でお過ごしください。

☆今回は特別講演として、岡部賢二先生の講演「美しく生きるためのマクロビオティック」にも参加できることになりました!慈慈の邸の近くで同時期に開催の「千葉プチ断食セミナー」の1部に合流します。

中島デコと一から作る断食メニューでカラダの中からデトックス。

エバレットブラウンのチベット体操やインサイドライティングでデトックス。

さらに、岡部先生のお話も聞ける、充実したプログラムになりました!是非ご参加くださいね。


・日時 2013年7月19日(土)〜21日(月・祝)

・場所 慈慈の邸(ブラウンズフィールドより徒歩3分)

・集合時間 13時30

・送迎 外房線 長者町駅 13時17分

 (東京からのアクセス例

東京駅→(京葉線快速)蘇我行、蘇我→(外房線)安房鴨川行→長者町駅)

・参加費 48000(リピーター・お友達割引46000円)  

 (送迎 各種ワークショップ代 料理教室 込み)

・定員 12名限定

 定員になり次第締切りとなりますのでご了承下さい。

※お部屋は相部屋となる場合もありますので、ご了承下さいませ。

・スケジュール

 19日 13時17分 長者町駅にお迎え

 

 14時  Tea Time オリエンテーション

15時 エバレットブラウンの心を写す写真のワークショップ Vol.1

 17時 料理クラス①ドリンク作り講習(甘酒、くずねり)

※くずねりをいただきます。

 18時 エバレット・ブラウンのインサイドライティングのワークショップ  

 19時半 各自お風呂&自由時間  

 21時 就寝

 

20日 4時 起床

 4時半 海辺を裸足で散歩 ※晴天の場合

 甘酒をいただきます。

 9時~11時 エバレット・ブラウンのチベット体操&クリスタルボウルヒーリング

 ※野菜の甘いスープをいただきます

 13時~15時   自由時間

15時 料理クラス②釜炊きごはん体験・ごま塩作り 

 ※(7号食)玄米を茶碗1杯、一口200回噛んで、いただく食事です。

 18時半  エバレット・ブラウンの心を写す写真のワークショップ Vol.2  

19時半 各自お風呂&自由時間

 21時 就寝

 

 21 6時起床

 6時半 エバレット・ブラウンのチベット体操

 ※甘酒スムージーをいただきます。

 8時半 自分のことを話そう(グループワーク)

 9時半 移動

 10時~12時  岡部賢二と中島デココラボ講演「美しく生きるためのマクロビオティック」 

 12時半 回復食クッキング

※回復食をいただきます。 

14時半 シェアリング

 15時半 駅へお見送り

 

・持ち物 エプロン 三角巾 洗面道具 動きやすい服装 帽子 着脱しやすい靴   

筆記用具 ☆デジタルカメラ又は写真が撮れる携帯電話 水筒

 

・申し込みお問い合わせ先電話0470−62−5401

 

慈慈の邸 (jiji no ie) 〒299−4504 千葉県いすみ市岬町桑田1815番地1

Everett Brown

エバレットの祖先はスコットランド出身。南アメリカの山に楽園を発見したこの人物は、長寿を全うする。同じスピリットを持つエバレットのビジョンは、BFを訪れる人たちにとっての「楽園」にすること。またジャーナリストとして、日本中を旅し、伝統風俗を学ぶ。姫田忠義や宮本常一、柳田邦男に深く感銘を受ける。著書に、松岡正剛との対談集「日本力」(パルコ出版)や「俺たちのニッポン」(小学館)、妻である中島デコ著「生きてるだけで、いいんじゃない」(近代映画社)。

 

中島デコ

料理研究家。16歳でマクロビオティックに出会い、25歳から本格的に学び始める。二度の結婚で23女の母となり、99年エバレット・ブラウンとともに千葉県・外房に移住。この土地との出会いが「ブラウンズフィールド」を生み出した。田園を望む「ライステラスカフェ」や古民家スペースではイベントも開催、料理本やエッセイなど著書も多数ある。BFではスタッフのお母さんとして、またご意見番としても皆から愛される存在。著作多数。

 

 岡部賢二

1961 年、群馬県生まれ。日本玄米正食研究所所長。フードアンドメディカルコンサルタント。大学在学中に渡米して肥満の多さに驚き、「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに研究するが、日本の伝統食が最高のダイエット食と気づく。その後、「正食」と出会う。正食協会講師として活躍後、2003 年、福岡県の田舎に移り住み、日本玄米正食研究所を開設。05 年、「ムスビの会」を発足。06 年、セミナーハウス「四季の舎ながいわ」を開校し、マクロビオティックレストラン「ながいわの郷ムスビ」をオープン。09 年、仲間8人と「マクロビオティック九州」を立ち上げる。

「ムスビの会」のホームページ http://www.musubinokai.jp

「マクロビオティック九州」のホームページ http://www.macrobi-q.com/




催し一覧へ